【情報の関連づけができないあなたへ】情報整理の基本とポイント、5つの手順について!

人生に役立つ!

このページを読んでいるあなたはきっと情報の整理の仕方、関連付けが出来ないと悩んでいると思います。この記事では「情報を整理するということはどういうこと?」と疑問にお答えします!情報の関連づけが出来ない人はまずは、この記事で情報の整理を自分が出来ているかを確認してください!

情報整理のついての基本!!

情報が整理されている=「必要な情報のまとめ」である

まずは、情報を整理するということがどういうことなのかを再確認しましょう。

情報を整理するとは
「自分に必要な情報をまとめられた」
という状態です。

自分に必要な情報はその時々で変化するため、「自分の状況に合わせて、その時に必要な情報を見つけまとめる能力」と言っても良いでしょう。

情報整理は難しいことではない

情報整理は決して難しいものではありません。

なら、なぜ情報整理がこんなにも難しく感じるでしょうか?
答えは1つ。「現代は情報が多すぎるから」です。

今の世の中はネットの普及により情報がいくらでも手に入ります。もちろん、今このサイトを見ているあなたもその情報の海の中からここに辿りついた人の一人です。

このサイト以外にも情報整理に関する記事をいくつも見たと思います。
その情報を自分なりにまとめることが出来れば情報整理が出来たことになりますね!

情報整理のポイントは「見える化」と「まとまり」

情報整理は情報が「見える」こと、情報が「まとまっている」ことの2つがポイントです。

どんな情報も最後は目に見える形で残すことになります。すべて暗記するのは無理です。
さらに、いくら情報を書き出しても、まとまっていないと意味がわからなくなりますね。

例えば「りんご、ゴリラ、ラッパ、パンツ、積み木、キクラゲ、ゲンゴロウ、牛、シマウマ、枕、ラクダ、ダチョウ、浮き輪」としりとりをしたとしましょう。
そして、これを「【食べ物】りんご、キクラゲ【生き物】ゴリラ、ゲンゴロウ、牛、シマウマ、ラクダ、ダチョウ」のように分類分けします。もちろん、分類は色々あるので「【ひらがなのみ】りんご【漢字のみ】牛、枕」というのもありますね。

これが情報整理のポイントである「見える化」と「まとまり」です。

これを頭の中でやって、分類分けをしようと思っても最初の方の言葉を忘れてしまっていると思います。
信じられない人は3分間しりとりをしてからジャンル分けまで頭でしてみてください。多分難しいというか、出来ないと思います。

では、「紙」と「ペン」と「やってみるという心」を準備して情報整理の手順を見ていきましょう!

情報整理の5つの手順

Step1「何についての情報をまとめるのか」を書く。

まずは自分がこれから何に関する情報をまとめるのかを書くことで、情報を集める目的を見失わないようにしましょう。膨大な情報があるので、まずは知りたいことを決めましょう。

【ワンポイントアドバイス】

なるべく具体的に、なるべく1つのことについて。

Step2 自分が現時点で持っている情報を書く。

現時点で自分が知り得ている情報を書き、自分の頭の中の情報のアウトプットから行います。
自分の今までの経験や知識で関連するものはなるべく書き出しておきましょう!

【ワンポイントアドバイス】

書き出して今の自分を知ると足りないものが見えてくる。

Step3 本やネットを使って知りたいものの情報を集める。

自分の知りたい情報について書かれている本を読んだり、ネットで検索したりすることで情報を集めましょう。とにかく多くの情報を集めてみてください。ここではまだ選択したりせず、とにかく集める!!!

【ワンポイントアドバイス】

時間があるなら本屋で立ち読み。ネットは上位10ページくらい見てみる。

Step4 共通点はまとめる。多く出てくる情報は重要で本質。

多くの情報を集めていくと情報の共通点が出てくると思います。多くの本とサイトに共通して書かれている場合、本質的なことが多いです。
まずは、本質を押さえていきましょう。
気をつける点としてはネットはコピペの記事の可能性があるため、似た情報が多くなることがあります。そのためなるべく、本で集めることをオススメします。

【ワンポイントアドバイス】

情報の本質を見つけるなら本を読め。

Step5 残った情報はサブ情報としてまとめておく。

残った情報は必要な時にすぐ出せるようにまとめておくといいでしょう。場面や自分の考え方によって使える情報と使えない情報に分けられる部分だと思います。

【ワンポイントアドバイス】

サブ情報こそ、自分のオリジナリティを生み出すもの。

まとめ

いかがでしょうか?
まずは、一度やってみてください。やりやすいのは図書館とかの勉強スペース。
社会人の方でも大量の本と書くスペースが確保出来ます。大学生なら大学の図書館が最強でしょう!!!

情報の整理の方法は大量にありますし、フォーマットを作ってる人もいます。
いくつか情報整理の本を紹介します。

オススメの情報整理の本

購入はこちら すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法

            

購入はこちら ゼロ秒思考

コメント

タイトルとURLをコピーしました